イメージ画像

学歴や海外経験など関係なく
誰でも英語を話せるシンプルな方法を提案します

英語を話せるようにならない理由

バツ印を作っている少女

私が英語だけで生計を立てられるようになって、はや十数年が過ぎました。

この間、翻訳者として仕事をしながら、おおぜいの人に英語を指導してきました。

また、英語を勉強しても話せるようにならなくて悩んでいる人の相談にものってきました。

そして気づいたのは、おおぜいの人が、「英語を話せる人」=「頭のいい人」という間違った認識を持っていることです。

もし「英語を話せる人」=「頭のいい人」という考えが正しいなら、アメリカやイギリスなどの英語圏に住んでいる人は皆、「頭がいい人」ということになってしまいます。

一方、中学高校と最低でも6年間も英語を勉強するのに、義務教育だけでは誰一人として英語を話せるようにならない日本人は「頭の悪い人」ということになってしまいます。

そのことだけをとっても、「英語を話せる人」=「頭のいい人」という考えが間違っていることが分かります。

英語を話せるようにならないのは勉強法が間違っているから

バツ印を作っている少女

日本人のほとんどが6年間も英語を勉強するにもかかわらず、英語を話せるようにならないのは、英語の勉強法が間違っているからです。

まず、学校での勉強について考えてください。

学校での英語の授業は、筆記試験で点数を取ることを目標に組み立てられています。英語を話すための勉強ではないんですね。

筆記試験のための勉強をして、英語を話せるようになるわけはありません。

次に、英会話教材について考えてみましょう。

テレビや雑誌、ネットなどで広告をよく見かける英会話教材の多くは、「聞き流していたら英語を話せるようになった」ということを大々的に宣伝しています。

しかし、「英語を聞く能力」と「英語を話す能力」は、まったく異なる能力です。

だから、聞く練習をして話せるようになることは、ぜったいにありません。

こういう宣伝をしている会社は、英会話教材をたくさん売るために、聞き心地の良い宣伝文句を流しているだけなのです。

実際に、あなたの周りを見て、こういう有名教材で勉強して英語ペラペラになった人が、一人でもいるでしょうか?

英語を話すためには正しい勉強法が必須

英語を話せるようになりたくても、義務教育のような勉強法や有名な英会話教材のような勉強法では英語は身に付きません。

そのような勉強法では意味がないことは、過去数十年振り返ってみて、英語を話せるようになった日本人が非常に少ないことからも分かると思います。

英語を話せるようになるには、日本で生まれ育った人でも、学歴や海外経験に関係なく英語を身に付けることができる、正しい勉強法が必要なのです。

このサイトでは、日本で生まれ大人になるまで日本で育ち、独学で英語を身に付けた私が、自身の学習経験と他の学習者への指導経験から、どのように勉強すれば英語が身に付くかについて具体的にお伝えしています。

詳しい勉強法については、以下のページに最新の情報を公開しています。

⇒ 英語を話せるようになる勉強法はこちら

嘘偽りのない本当の情報を公開していますので、安心してご覧ください。

このページの先頭へ