名詞を動詞に変えて日本語らしく訳す

今回は、日本語らしい表現について考えます。

英語の文章で使われている名詞は、訳文では動詞に変えると、
なめらかで読みやすい日本語を作ることができます。

名詞をたくさん使った英語的な表現の例を以下に挙げます。

経済の成長が会社員の収入の増加を促した。

堅苦しい本や、難しい翻訳本などでは、このような表現がよく使われますが、
堅苦しくて読みにくいですね。

この名詞だらけの文を以下のように動詞を使って訳すと、
日本語的な読みやすい文になります。

経済が成長したので、会社員の収入が増加した。

以下の英文も同様に、動詞を使うと日本語らしくなります。

Make the network connection with a LAN cable
or a wireless device.

「LANケーブルまたは無線機器を使ってネットワーク接続を確立します。」

内容が簡単なので、上の日本語訳でも理解できますが、
以下のように動詞的に変えると、すんなりと頭に入ってきます。

ネットワークへは、LANケーブルまたは無線機器を使って接続します。

関連記事:

  1. ちょっと変わった「if」の訳し方
  2. 「as」や「to」を日本語の語順で訳す方法
  3. 「will」を「if」のように訳す方法
  4. 動詞と名詞を入れ替える
  5. 「only」を述語的に訳す方法

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ